いらない服の捨て方まとめ。燃えるごみか資源ごみか、それが問題だ。

いらない服の捨て方まとめ。燃えるごみか資源ごみか、それが問題だ。

 

いらない服の捨て方は、ポイントを守ればいたって簡単です。

 

例えば、毛羽立ってしまっていたり、服が破れていたり、穴があいていたりするものは、燃えるゴミが適しています。
反対に、まだ新しいものや、損傷の激しくないものは、資源ごみの日に出すと、新しくリサイクルをされるため、環境のためにも良いでしょう。

 

しかし、いらない服をごみに捨てるということは、非常にもったいないことであるのです。
なぜならば、いらない服には、売るという選択肢が残されているからです。
ブランドものの服などは、長く着ていたとしても、素材がしっかりとしているため、あまり状態が悪くはなりません。

 

さらに、一度だけ着ただけで、気に入らなかったというものであれば、新品も同然です。
そのため、自分がいらない服だと判断をしたとしても、ほかの誰かにとっては、欲しいものとなったり、必要なものであったりすることもあるのです。

 

さらに、ブランドものの服では、古着であっても、欲しがる人も数多くいます。
このような時に利用すると便利なのが、宅配買取サービスです。
このサービスでは、いらなくなった服などを、業者に送ることで、査定を行い、買取をしてくれるサービスです。

 

仮に、査定結果が気に入らない場合には、返却してもらうこともできます。一度、査定にかけた上で、捨てるか売るかの判断をすると、思わぬ収入を得ることができるでしょう。
そのため、いらなくなった服は、すぐに捨てるのではなく、売るという選択肢も考えてみることをおすすめします。