いらない服はリメイクしちゃおう。捨てるはずの洋服で作る小物が素敵。

古着 寄付,ブランディア

 

いらない服は処分に困ることがあります。捨てるにはもったいないけれど、サイズが合わなかったり部分的に汚れてしまっていたりするとそのまま着続けるわけにはいきません。
しかし、そういった服はリサイクルショップなどに持ち込んでも値段が付きにくいものです。そのまま持ち帰ることになるケースがほとんどでしょう。

 

そういった時にただ服を捨ててしまうのではなく出来るだけ生かそうと思う方もいるでしょう。
捨ててしまうよりも別の形で生かしたほうが、自分自身の節約にもつながりますし地球資源を守ることにもつながります。
洋服としてもう着ることが出来ないものでも、別の小物にリメイクすることで再び愛用できるようになります。

 

ある程度大きな布地が取れるようであればバッグなどの大きなものも作ることが出来ます。
小さなものであれば手芸が苦手な方でも手縫いで十分対応できます。
ティッシュケースやポーチなどはいくつあってもよいものですから、時間のある時に要らない服から布地を取って作っておくとよいでしょう。
自分で使う事はもちろんですが、ちょっとしたプレゼントにも使えます。特にほとんど着ないままいらなくなってしまったきれいな生地はこうした形で生かしてあげましょう。

 

洋服として選んだものは自分の気に入った色や柄であることも多いものです。
その色柄を生かして次の使い方を考えてみましょう。布地やボタンなどをストックしておくと、時間のある時にリメイクしやすくなります。